本田圭佑の現在の年収は5億で今はカンボジアのゼネラルマネージャー

スポーツ
スポンサーリンク

現在はあまりメディアに取り上げられる事がなくなった本田圭佑さん。

しかしFIFAワールドカップ2022カタールで日本対ドイツ戦での解説をABEMAでされていて「解説がおもしろすぎる!」と話題になっていましたね。

そんな本田圭佑さんの現在の年収についてまとめました。

ここでは本田圭佑さんについて
・現在の年収は?
・今はなにしてる?

こちらについてまとめています。

 

また本田圭佑さんのFIFAワールドカップ2022の解説はABEMAで聴くことができます。

そしてABEMA TVでは今大会のワールドカップカタール2022の全64試合を無料生中継します。
今大会を全部したいという方はABEMA TVに加入をお勧めします。
初めての方は2週間の無料トライアルができるので、ワールドカップ期間中に登録すると無料で視聴できますよ。
こちらから簡単に入会出来ます。

スポンサーリンク

本田圭佑の現在の年収は5億!

本田圭佑さんの年収ですが、ざっと計算しますと推定5億です。
内訳は次の通り。

・サッカーの年棒:1000万円
・CM出演:4500万円(1本1500万円×3本)
・スポンサー料や事業による収益:約3~5億円

次に本田圭佑さんな年収推移を年別で紹介します。

<本田圭佑選手の年収推移>

  • 2016年→7億7000万円(ACミラン)
  • 2017年→4億5000万円(パチューカ)
  • 2018年→3億2000万円(メルボルン・ヴィクトリー)
  • 2020年→1億6000万円(ボタフォゴ)

本田圭佑さんの年俸は、デビュー時の450万円が最低金額でした。
最高では5億4,000万円と推移しています。
海外リーグで活躍していた本田圭佑は2005年のデビューから2021年まで活躍していました。
また本田圭佑さんは、海外リーグで活躍する日本人サッカー選手の中でもトップクラスの年俸を記録しています。

本田圭佑の現在はカンボジアのゼネラルマネージャー!

2018年8月12日、本田圭佑はプノンペンで開催されたカンボジアサッカー連盟の記者会に出席し、サッカーカンボジア代表のコーチングスタッフに入閣することを発表しました。
チーム構成や指揮を任されるGM(ゼネラルマネージャー)として、実質的な「監督」のポジションを担っているのです。

本田圭佑のプロフィール
名前 ホンダ ケイスケ
出身 大阪府摂津市
身長 182cm
体重 74kg
利き足 左足
ポジション MF(ミッドフィルダー)
最高年俸 5億4,000万円
最低年俸 450万円
獲得タイトル 2009年 年間最優秀選手賞
2010年 日本年間最優秀選手賞
2011年 AFCアジア杯最優秀選手賞
2013年 ベスト・フットボーラー・イン・アジア(初代受賞者)
2014年 トロフェオTIM 最優秀選手

本田圭佑さんのFIFAワールドカップ2022試合解説がおもしろいと話題になっています。

「ギュンドアンうざいなぁ」
「なんですか、それは?」
「僕、出ましょうか?」
「テクノロジー発動でしょ」
「副審、いる?」
「解説できないくらい疲れた」

などなど、試合が何倍も楽しくなってしまうような解説なのです。

まとめ

本田圭佑さんについてまとめました。

現在の年収は5億と推測しました。
そして今はカンボジアでゼネラルマネージャーをやっていらっしゃいます。

現役時代も何かと話題の本田圭佑さんでしたが、やはり持ってる男は現役を去っても話題になりますね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

スポンサーリンク
スポーツ
mi-sanをフォローする
mi-san‘s room

コメント

タイトルとURLをコピーしました